文字サイズ

abbvie

医療費助成制度について

ヴィキラックス®などのインターフェロンフリー治療に対する医療費助成制度があります。

C型慢性肝炎・C型代償性肝硬変に対する医療費助成とは…

患者さんの医療費負担を軽減する目的で、国と都道府県が実施している公的な福祉制度です。

インターフェロンを使わず、ヴィキラックス®などの飲み薬のみによる抗ウイルス療法である「インターフェロンフリー治療」は、この医療費助成制度の対象に含まれているため、患者さんが申請し認定されると、医療費の助成が受けられます。


助成の対象となる患者さん

C型慢性肝炎、あるいはC型代償性肝硬変に対してインターフェロンフリー治療を受ける患者さんのうち、都道府県による審査を経て認定された方が対象となります。(申請手続きはこちら


助成の対象となる医療の範囲

インターフェロンフリー治療にかかる診察費や薬剤費などの医療費のうち、保険適用となっているものが対象です。保険外の医療費やウイルスの排除を目的としない肝炎治療については、対象とはなりません。

対象となるもの
  • インターフェロンフリー治療にかかる初診料、再診料、検査料、入院料、薬剤料で保険適用となっているもの
  • インターフェロンフリー治療による副作用の治療で保険適用となっているもの(ただし治療を中断して行う副作用の治療については対象外)
対象とならないもの
  • 保険外の医療費(診断書等の文書料、差額ベッド代、入院時の食費 など)
  • ウイルスの排除を目的としないC型肝炎治療の医療費
    (肝庇護薬による治療やインターフェロンの少量長期治療 など)

自己負担の上限

認定されると、患者さんが支払う医療費の自己負担の上限が、月額1万円(世帯の所得が多い場合は2万円)となり、少ない負担額で治療を受けることができます。自己負担限度額は下記のように定められています。

自己負担限度額(月額)
世帯※の市町村民税(所得割)
課税年額
自己負担限度額(月額)
235,000円以上 20,000円
235,000円未満 10,000円

※ 世帯とは、患者さんを含む住民票上の世帯全員をいいます。ただし、同一住民票の世帯であっても、実質的に生計を別にしていると認められる場合は、世帯の課税額合算対象から除外できます。

本サイトは、ヴィキラックス®配合錠を服用されている患者さんと
そのご家族のための情報サイトです。

ヴィキラックス®配合錠を服用されていますか?
もしくは、ヴィキラックスを服用されている方のご家族の方ですか?

はい いいえ