文字サイズ

abbvie

治療中・治療後の検査

治療中・治療後に行う検査について教えてください

治療中は、副作用が出ていないかを確認するため、血液検査を行います。また、治療中や治療後は、血液検査でウイルスの量を調べ治療効果を確認します。

主な検査
検査項目 検査の目的
ALT(GPT)
AST(GOT)
アルブミン
総ビリルビン
肝臓の働きを確認します。
血小板数 肝臓の繊維化の状態を確認します。
血清クレアチン
BUN(尿素窒素)
腎臓の働きを確認します。
ヘモグロビン 貧血になっていないかどうかを調べます。
ウイルス検査
(HCV RNAの量)
血液中のC型肝炎ウイルスの量を調べて治療の効果を確認します。

効果判定の時期

ヴィキラックス®とリバビリンによる治療終了から12週間(約3ヵ月)後に、ウイルス検査による効果判定を行います。
詳しくは医師にご相談ください。

本サイトは、ヴィキラックス®配合錠を服用されている患者さんと
そのご家族のための情報サイトです。

ヴィキラックス®配合錠を服用されていますか?
もしくは、ヴィキラックスを服用されている方のご家族の方ですか?

はい いいえ